YU2TA7KA's BLOG

派生開発、組み込み開発周りのこと。

日記の書き方をYWTでふりかえる

6年間日記を書き続けてます。ヒトは忘れる動物なので、過去確かに自分は生きていたことを示すために、日記を書いてきました。この日記の書き方をYWTでふりかえります。

YWTとは

YWTとは、「Y:やったこと」「W:分かったこと」「T:次にやること」3つの項目で振り返りを行い、個人やチームの経験を学びに変え、次に繋げていくためのフレームワークです。日本能率協会コンサルティングが提唱した手法ですね。
https://www.kikakulabo.com/tpl-ywt/

f:id:yuji-tanaak:20190103104805j:plain
日記はほぼ日手帳に書いています。


やったこと(日記に書いたこと)

・日々のY:やったこと、K:感じたことを書いていました。
・特に感じたことについてありのままを書いていました。
・仕事、プライベート、健康など人生全てのことについて書いていました。

わかったこと

・ざっと見ると嬉しい、つらいなどの言葉が多いです。
・不明も多かったです。
・常に何かに対して、理解不足していると思っているようです。
書き方でメンタル状態がすぐに元気かつらいかよくわかります。
・元気だと字が丁寧です。
・元気だとフォントサイズも小さくなり情報量が増えます。
・つらいと字が乱雑です。
・つらいとフォントサイズが大きくなり言語能力も低下します。
・その日の日記なので、昨日までとのつながりが薄いように感じます。
・ありのままの日記なので、これからの行動に影響していないと感じます。

次にやること

  • Y:やったことK:感じたことに加えて、T:次にやることを書くようにします。YKT!*1
  • やったことに名付けを行い、日をまたいで扱えるようにします。*2


*1:その日の行動を見直し、未来の行動を決めていきます。

*2:「言葉」という思考の「取っ手」! エンジニアの知的生産術P136