YU2TA7KA's BLOG

派生開発、組み込み開発周りのこと。

プロテインの比較 ~筋量アップにアルプロン ホエイプロテインがベスト~

はじめに

ジムに通って筋トレを始めて2か月が経過しました。筋トレに合わせて、3種類のプロテインを飲んでいます。それらの内容量を比較して、筋量アップにベストのプロテインがアルプロン ホエイプロテインであることがわかりました。
~2018年9月23日追記~
Amazon価格は日々変更されます。記事投稿時と価格に変化があり、2018年9月23日時点のものにそれぞれ更新します。

プロテインの比較

20gあたりの内容量

アルプロン ホエイプロテイン ザバス ホエイプロテイン ヘビーウェイトゲイナー
エネルギー 78.1kcal 78.1kcal 78.6kcal
タンパク質 18.5g 14.3g 4.3g
脂質 0.3g 1.1g 0.9 g
炭水化物 0.5g 2.8g 13.0g
ナトリウム 0.1g 0.05g 0.1 g
ビタミン なし あり なし
Amazon価格 6,980円/3Kg 4,052円/1Kg 6,500円/3.2Kg
1Kgあたりの価格 2,327円/Kg 4,052円/Kg 2,167円/Kg

各プロテインについて

アルプロン -ALPRON-WPIホエイプロテイン

筋肥大に必要なタンパク質の内容量が他を圧倒して多いです。また、ザバスに比べて価格が半額程度であることも魅力的です。さらに、タンパク質以外の成分は少なく、タンパク質を手軽に摂取する目的としては、このアルプロン ホエイプロテインがベストであると考えます。

ザバス ホエイプロテイン100 バニラ味

プロテインで一般的なものと言えばコレ!というイメージで数年前から時々買っていました。改めて、成分を確認するとタンパク質はそこそこ含んでいるのですが、アルプロンに比較すると無駄が多く高価であると感じます。可もなく不可もなくといったプロテインという感じです。健康維持ならば、ビタミンなども含んでいるのでこちらのプロテインが良いのかもしれません。

ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレートブラウニー

私は身体が細いので、身体を大きくするためにこのプロテインを購入しました。ネットで調べて良さそうだと判断して購入したのですが、改めて成分を確認すると、他と比較してタンパク質が少ないです。一方で炭水化物が非常に多いです。そのため、これを飲めば太ることができます。しかし、炭水化物による増量は脂肪を増やすように働くと思われ、筋肉によるウエイトアップにはつながりにくいと考えます。調べてみると、筋トレ前後に炭水化物は必要であるのため、このプロテインは筋トレ前後に飲むようにしようと思います。

まとめ

プロテインと一口に言っても、上記3種さらにそれ以外と多様です。基本的には、内容量が記載されているので、それをよく確認して自分の目的に合ったプロテインを選択できれば良いと思います。注意点として、何gあたりの内容量であるか意識して確認することです。私は、これを怠ったがためにヘビーウェイトゲイナー の扱いに困ることになりました。。。筋トレ前後に消費するという一応の回答をつくりましたが。また、データでアルプロン ホエイプロテインは筋トレに向けては非常に優秀なプロテインであることが解りました。

おわりに

私が試したプロテインについてまとめました。プロテイン選びに悩んでいる方のお役になれば幸いです。