YU2TA7KA's BLOG

派生開発、組み込み開発周りのこと。

腹筋ローラーメーターを作ろうと思います。

はじめに

昔、AVRマイコンなどを用いて腹筋ローラーメーターを作ったのですが、実用に耐えられずお蔵入りしていました。以前とは違うアプローチで再チャレンジしてみようと思います。

腹筋ローラーとは

まず、そもそも腹筋ローラーとは何か?ということですが、腹筋を鍛えるための器具です。手頃な価格で、強度の強い腹筋トレーニングを自宅で可能にする優れものです!
www.youtube.com

腹筋ローラーメーターとは

腹筋ローラーを何回行ったかを計測する装置です。これを作ります。筋トレの効果を測るためにも実施回数を計測することは大切です!

腹筋ローラーメーターの実現方法

実現手段としてはいろいろ考えられます。以前は本体に装着した加速度センサの値から計測していました。今回は手軽にToFセンサを用いて、ローラーの移動した距離から回数をざっくり計測しようと考えています。以下に構成案を示します。

腹筋ローラーメーターの構成案

No.1が以前に作ったものの構成です。No.2はいつか作ろうかと思う構成です。No.3が今回作ろうとしているお手軽構成です。

No. 1 2 3
モジュール設置箇所 本体装着型 本体装着型 外部設置型
制御コントローラデバイス ATMEGA328P(マイコン) ESP-WROOM-02(SoC) Raspberry Pi(小型PC)
センサ 加速度センサ 加速度センサ ToFセンサ
電源 単4電池 単4電池 コンセント*1
通信 Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi
通信データ 加速度値 加速度値 計測結果
計測装置 PC Raspberry Pi Raspberry Pi
対向環境 PC Raspberry Pi→インターネット インターネット
表示環境 JavaGUI SlackBot SlackBot

それぞれシステム構成図を用意すべきなのですが、面倒なのでマトリクスで勘弁してください。実現したときにはシステム構成図も描きます。No.3の場合、ラズパイでセンサ値取得、計測までをやって、結果をSlackBotへ投げて、その結果を見ることで何回やったかをわかるようにします。GUI系をSlackに任せられるので手軽です。また、運用しているドアチェッカーとも統合できておうちハックが高まります。

おわりに

ToFセンサの動作確認ができて、いよいよ腹筋ローラーメーターを再チャレンジできる環境が整いました。さくっと作っていきたいと思います。3月中に完成させたいです。



f:id:yuji-tanaak:20190310073621j:plain
以前作った腹筋ローラーメータ

f:id:yuji-tanaak:20190310073702j:plain

*1:この表現は正しい?